サービス紹介

ヘッドライトコーティング

経年劣化によりヘッドライトがくすんでしまったり、黄ばんでしまったり、白濁してしまった場合、そのまま放置しておくと最悪の場合ヒビ割れや細かいキズの発生の元となってしまいます。

このようなヘッドライトの劣化による現象を、研磨作業により復元します。 

ヘッドライトを研磨しせっかく綺麗になったとしても
上からコーティングをして保護をしておかなければまたすぐに元に戻ってしまいます。
よって研磨作業とコーティングはセットでの施工になります。

最近のヘッドライトは片側で3万円以上、外車の場合10万円以上する車がたいへん多い中、新車時にヘッドライトコーティングすることにより劣化をかなり遅らせることができます。

なぜなら、アドバンスではポリッシャーと呼ばれるモーターが装備された磨き専用のブラシやパッドを回転させる機具を用いて、効率良くヘッドライトの洗浄や磨き、ワックスの剥離作業などを行うことにより、他社より丁寧に仕上げます。
 ヘッドライトの黄ばみを単なる汚れと侮ってはいけません。見た目が汚いというだけでなく、ライトの光量が少なくなり視界が悪くなり、更に放っておくと車検も通らなくなってしまいます。

上記の事からアドバンスでは新車時のヘッドライトコーティングをおススメしています!